カードローンの利用を考える際、日本国籍がなければ利用が難しいと思っている外国籍の人もいるかと思います。しかし、多くの場合、外国籍の人でもカードローンの利用は可能になっています。

とは言っても、やはり、日本国籍の人がカードローンの申し込みを行う場合とは少し異なり、特別な書類の提出が必要になります。

特に永住権を持っているという事を示すために特別永住者証明書や在留カード、パスポートなどの提出が必要になってくるのです。この事から分かるように外国籍の人がカードローンの申し込みを行う際は、永住権を持っているかと言う事がポイントになります。その上で、日本国籍の人と変わらず、安定した収入がある人や日本語の読み書きができると言った事も必要になってきます。これは、書類の申請などを行う際、やはり、日本語ができなければ申請する事が難しくなるためです。

基本的には永住権を持たないと利用が難しいカードローン。ただし、難しいと言うだけで、永住権を持っていない外国籍の人でもカードローンの利用は可能になっています。とは言っても、審査は非常に厳しいものになり、限度額も非常に低い設定にしなければいけないと言われてます。その為、永住権を持たない場合、カードローンを利用する事ができる確率は、非常に低いと言えるのです。