キャッシングとカードローンの大まかな違いは、期日までに一括で返済するか、もしくは月ごとに決まった金額を返済するかというものです。

今回は、カードローンの用途について説明していきます。カードローンの基本的な仕組みとしては、毎月の決まった日までに、決まった金額を返済していくというものです。

もしも、返済できずに、このルールを破ってしまった場合は、遅延損害金が発生してしまいます。

遅れて損害金が発生する、つまりは契約して返済するべき借金と利息に加えて、さらにお金を支払わなければならなくなります。そうなると、返済の予定が明確に変わってくるので、返済期日がいつなのかをしっかりと把握しておかなければなりません。遅延損害金は、借りる対象の消費者金融によって変わってきます。

だいたいは遅延損害金利率として計算されるようになっており、ほとんどの消費者金融は年利率20%前後が基本ですが、中にはそれを下回る低金利なところもあるので、カードローンを利用する前に事前に調べておくことをおすすめします。支払い期日は、しっかりと把握していても、たまに忘れてしまう人が多いようです。

そういった人のために、遅延損害金が発生しないように、返済期日を忘れないように考慮するため、メールにて返済期日のお知らせサービスを発行しているのが基本です。

そういったサービスも活用しつつ、しっかりとした返済計画を建てましょう。